同窓会設立40周年記念式典を開催

2014年06月08日(日)

平成25年10月27日(日)、母校・京都学園大学において同窓会設立40周年記念式典を開催いたしました。

設立40周年記念式典

司会:竹内博士常任理事
悠心館Y25教室で行われた記念式典。竹内博士常任理事の司会により、国歌奏楽、物故者追悼の後、
式辞 中村 正孝同窓会長
中村 正孝同窓会長の式辞、
祝辞 内山 隆夫学長
内山 隆夫学長からのご祝辞、
祝辞 田辺 親男理事長
田辺 親男理事長からのご祝辞をいただきました。
田辺理事長のご祝辞では、
太秦キャンパスについて(田辺 理事長)
太秦キャンパスや新学部についてもお話いただきました。

また、多くの祝電をいただきましたことを、この場でお借りして御礼申し上げますとともに、出席者の皆様方に披露させていただきました。

京都学園大学同窓会は、昭和48年4月、195名の第1期生によってスタートし、40周年という節目の年を迎えることができました。
同窓会の設立から運営に至るまで、その長い年月、同窓会の発展に寄与されてこられた4名(浅野 眞実氏、堀越 直機氏、松本 修氏、九里 修氏)の先輩に対し、功労者表彰として功績を称え感謝状を贈呈させていただきました。
功労者表彰

大学歌斉唱
その後、大学歌を斉唱し、同窓会設立記念式典は閉会を迎えました。

設立40周年記念式典の様子は、こちらをご覧ください。

記念パーティーの様子は、こちらをご覧ください。

 

“同窓会設立40周年記念式典を開催” への1件のコメント

  1. 船越勝久 より:

    遅ればせながら同窓会、創立40周年、おめでとうございます。さて同窓会創立40周年の記念式典は去年の、10月下旬に開催されましたので本来なら年末までに、報告されても不思議ではありませんでした。
    しかし待てど暮らせど報告されませんでしたので、一体どうなったのか私は不安にすら思えました。それが今年6月に漸く報告されましたので、私はこれを見てほっと胸を撫で下ろしました。
    さて記念式典の中では理事長の田辺親男先生から太秦キャンパスと、新学部についてのお話がありましたがこの太秦キャンパスの開設により、遂に京都学園大学は本当の意味で京都の大学の仲間入りを果たします。
    何故なら京都の大学と言いますとどうしても、京都市にキャンパスを展開している大学を、連想してしまいがちですが京都学園大学の様に、必ずしもそうではない場合もあるからです。
    また中には京都市及びそれ以外の都市に、キャンパスが展開している大学もあります。私は、京都学園大学が亀岡市にキャンパスが、展開していると解っていてもその事で、肩身が狭い思いをした時もありました。
    しかしそれも今となりましてはいい思い出です。太秦キャンパスの開設後は機会があれば、新幹線と山陰線ではなく京都市営地下鉄、若しくは京都市営バスを乗り継いで一度、同キャンパスを尋ねてみたいと思います。

船越勝久 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

このページの先頭へ