中国支部の活動紹介

    2019年3月31日

    中国支部 第12回 支部総会&研修会を開催

    中国支部 第12回支部総会・研修・懇親会は、平成30年11月10日(土)に広島県で開催されました。
    当日は、JR広島駅近くの「ホテル広島ガーデンパレス」で12時より支部総会が行われました。
    参加者は、瀬戸尚人中国支部長と、支部幹事4名、支部間交流で関東支部の佐藤慶一副支部長、新規支部幹事予定者1名と同窓会本部より3名の計10名の参加者になりました。

    瀬戸尚人支部長の開会挨拶に続き、議事進行を行い、全議案とも全会一致で承認されました。

    研修会では、馬場善和同窓会副会長に挨拶頂き、引き続き、私たちと同じ同窓生である落語家の桂 三風さんに「振込め」を一席演じて頂き、参加者一同笑いの渦に包まれながらプロの落語を聴かさせて頂きました。

    懇親会では、佐藤慶一関東支部副支部長に挨拶頂き、おいしい昼食を頂きながら談笑時間に入りました。

    二つ目のイベントとして、同じく私たちと同じ同窓生で、同窓会常任理事でもある津軽三味線奏者itaruさんに演奏を行って頂きました。力強い津軽三味線のバチさばきと音に、一同感心させて頂きました。

    その後も三つ目のイベントとして、同じく私たちと同じ同窓生で沖縄三線の悟空さんに演奏を行って頂きました。
    三線の音色とともに、沖縄民謡の演奏に合わせて踊られるカチャーシーを全員で踊り、会場が更に一体感が生まれ盛り上がりました。津軽三味線と沖縄三線と、北と南の音楽の違いに感心しながら楽しい時を過ごすことが出来ました。

    当日は新幹線の故障遅延もあって、関西方面からの参加者が遅れるトラブルもありましたが無事に支部総会を終えることが出来ました。

    中国支部も今回、新任の支部幹事を一人迎えることが出来、今後も活動の幅が広がっていくことでしょう。

 

このページの先頭へ